水虫の治療薬の中には直接患部に塗ったりするような薬以外にも内服薬が存在します。それがイトリゾールです。水虫治療に用いられる投薬、服用するタイプの治療薬になります。知られざるイトリゾールについて興味が出てきましたか?

イトリゾールと外用薬との違いとは

きれいな脚

真菌は原生微生物の細菌やウイルスと同様に、ヒトに感染することで様々な症状を発症します。
カビや酵母と同じ仲間で、専門的に真菌と呼びますが、細菌などとは異なり、体内だけでなく表皮や角質層といった皮膚で増殖を繰り返すものもいます。
真菌による感染症は大きく分けると2種類で、皮膚にあらわれるものを表在性真菌症、体内の臓器で増殖するものを深在性真菌症と呼びます。
表在性真菌症で有名なのが、足に寄生してかゆみやジュクジュクとした症状を起こす水虫、性行為によって感染するカンジダがあります。

これらは皮膚表面に感染するため、基本的にはクリームやローションといった外用薬で治療することができます。
ただし、角質異常によって生えた爪の中に増殖する真菌は、外用薬では成分が浸透することができず、治療が困難であると言われています。
また、空気中に胞子が存在し、吸い込むことで肺などに感染するアスペルギルスは、塗り薬では対応できないため、イトリゾールを含む内服薬を使用するのが一般的です。

イトリゾールはトリアゾール系の抗真菌薬で、服用することで全身に成分が広がり様々な症状の治療に役立ちます。
外用薬では浸透できない部位にまで成分が行き渡るため、臓器に感染した真菌だけでなく、爪の中に存在する真菌まで退治することが可能です。
指の間でジュクジュクしたり、足の側面などで水疱ができるものは外用薬でも十分ですが、かかとの角質が角化して硬くなり外用薬では十分に浸透できない状態でも内服薬が役立ちます。
イトリゾールは他の内服薬とは性質が異なり、ケラチンとの親和性が高いことから、血中に溶け出した後は皮膚に移行して、長い期間で抗真菌作用を維持することができます。
その特徴から独特の服用方法があり、正しく使用することで短期間の服用で高い効果を発揮するようになっています。

関連記事
アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索